【書評】「封印」が解かれた瞬間、人生は思いのままになる! 宇宙から”ホワイトマジック”を受け取る方法 (Momoyo)

スピリチュアル

 

  1. 手にしたきっかけ
    ・YouTubeでたまたま著者を知ったため

  2. 本の特徴
    ・全5章
    ・イラストはほぼ無し

  3. 入手場所
    ・Amazon (Kindle)

  4. 読んで気づいたこと変わった事
    ・ホワイトマジックについて
    ・アイデンティティーの概念

  5. 総評
    ・自己啓発本、スピリチュアル本の中間的な印象で且つ読みやすい
     電車の中や移動時間にサクッと読めて家で実践、というのができる。

 

 

ホワイトマジック

本の前半は、バリバリのスピリチュアルで始まります。

著者は、幼い頃からそういう感覚をもっているの
その体験談が書かれているため
わたしのようなそういう感覚がないタイプにとっては
まるでSF小説を読んでいるかのような感じとなります。

そして、ここで述べら得ているのでこの世はには
第1面第2面があるということで、これが後々に繋がります。

第1面は、普通な日常というも言える世界
第2面は、不思議なパターが働く世界で、意図した現実が引き寄せらえる世界


となっています。

つまり、この「ホワイトマジック」を使って
第1面から第2面に移行しましょう
というのがテーマだと読み取りました。

ここで出てきたタイトルにもなっている
「ホワイトマジック」ですがこれは

「魂の封印を解く魔法」

と定義されており、
これによって第2面に行けるようになるわけです。


ここまでだと、
どうも現実味がないですが、
中盤からより自己啓発寄りと言いますか、
現実味のある内容になります。

この第2面では、
「何のために何を実現したか」
が重要となっており
この意思の力こそが実現化の引き寄せのカギとなるようです。

ここまで読むと

「他の本でワクワクに従って生きる」

というのはこの第2面のことなんだなと
合致しました。

思考は現実になる、思い込みが現実となる

ということですね。

 

アイデンティティー

言葉としては、目にしますが意味はなんだっけ?
ってなりますね。

この本では

アイデンティティー = 私こそ宇宙である

という定義し、本来の使命に目覚めることを指示してます。

宇宙とは広大であり、
それ自身が自分となるわけですから、
それが自分であり、
アクセスできるのであれば全てが変わる可能性を感じせます。

この無限のような可能性を信じれば
「老後のため」とか「何かあった時のため」
みたいに保守的にならず、
恐怖を振り切って行動が可能になるはずです。

多くの人がこの予期せぬ未来に恐れて行きているために
本来の自分が失われているということになります。

本にあります言葉だと「生きていること自体が恐ろしい」とありますが、
確かにその通りで、生まれて肉体を持った時点で死へのカウントダウンが
始まり、病気や怪我の可能性があり苦悩があるのでそれ以上の恐怖は
ないでしょう。

この未来のこと感じさせるのが「ブラックマジック」と定義しており
「ホワイトマジック」とは対比に位置します。

スターウォーズで言えば、ライトサイドとダークサイドのようなものですね

 

実用的?

この本では、もろにスピリチュアルな話と自己啓発的な話が書かれているため
実用的であったり、腑に落ちる箇所も多くあるのが特徴だと思いました。


あまりスピリチュアルな話だけだと、ついていけなくなりますが
うまい具合に日常よりの話(?)がブレンドされているため
「なるほど」

と思えることが多いですね。

こういうところが、
人気の秘密なのかと思いました。

また、YouTubeでも定期的に更新されてますので
それを観ながらも本に触れることでより理解と親近感が増えるでしょう。

 

おわりに

スピリチュアルというのはブームにもなりますよね。

ブームになるということは、冷めると急に胡散臭いものにもなります。

ここ20年はその繰り返しだったと思ってます。

ですが、ここにきてスピリチュアルの良いところを抜き出して
健康面に活用しているものが多々見受けられ
なんとなく社会の水面下では、スピリチュアル=カルト的
というのからスピリチュアル=健康法
というように変化があるように思えます。

スピリチュアル=宗教=犯罪という
イメージがあるのも確かなので抵抗感もある人も多いのも事実ですが
それはそれとして、良い面、もっと砕けて言えば面白い面もあるので
興味をもって接してみるとそれはそれで面白いかなと思うわけです。

はい。

わたしは、スピリチュアルと物理的な世界の両方を比べっこしながら
同じこと言っていることや、都合の良いところだけ拝借してますので
特に細かいことは気にしてません。
特定の宗教を信仰もしてませんしする予定もないです。

自分の好きなポジションで楽しめれば良いなと思っている次第です。


今回も読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました