「願い」から感じる重さ

日常



霊感とはなんでしょうか。
自分には聞こえたり、見えたりしないので
そういう意味では全く霊感はありません。
 
けど、人の「」には敏感のようで
凄く受け取ってしまうのです。
特に「」ですね。
それはポジティブな願いでもあっても、
欲が深いと自分には「」となって、
重く感じることがあります。
 
良くあるのが、
神社などのパワースポットです。
一見、凄く浄化された空間のように思えますが、
何故か場所によって自分はダメージを受けるんですよね。
 
例えば、境内のなかでも

「なんか調子悪いなー」

と思うと、近くに絵馬があったりします。
 
「受験に受かりますように」
「幸せになりますように」

こういった願いも中にはやけに欲深く感じるものが
あって空気が重くなるんです

なので神社で一番好きなのは
境内への参道だったりします。
あの道は気がスーッと流れる感じで気持ちが良いですね。

ただ、例外もあって凄く心がほぐれた願いがありました。
馬頭神社だったのですけど

「世界中のお馬さんがおいしい人参を食べれますように」

という願いがありました。
これは、癒されましたね。
なんでしょう?
うまく言葉に言えませんが、
こういう願いって心に余裕がないと浮かばないですよね?
自分のことで「欲」に溺れていたらそんな言葉出てきません。
きっとこれを書いた人は、心が癒され余裕がある方で
視野を広げてこういう願いを絵馬に書いたと思われます。
とても好きな願いだと、自分は思いました。

あと、個人的に合わなかったのは
明治神宮の清正の井戸です。
こちらはだいぶ前にすごいパワースポットと
有名になりましたが、自分には合わずで
途中に池があるのですが、そこまでの間で
頭痛が起きるのです。
清正の井戸に着いたときには、

「ちょっと調子悪いな。。。」

という感じ。
2回ほど行きましたが、一緒だったので
もう行けません。。。
 
後は、芦ノ湖の箱根神社。
こちらはすっごく好きな場所で境内も良いです。
そして参道はやばいくらいに気持ちが良いです
 
 
 
しかし、
もう一箇所の名所、鳥居が芦ノ湖に浸っている
凄く美しい場所(下記写真参照)があるのですが、
自分にはどうも合わない。
人がたくさん記念撮影している時は、
なんかもう「念」と「欲」が渦巻いて
近寄りたくないです。

ちなみに↓は朝早く誰もいない時だったので気持ち良かったので写真とりました。




最近では、天然石の店ですね。
凄くたくさんの品揃えがあって
パッとした印象は良かったのですが、
足を踏み入れて数分で頭痛と寒気が。。。
なんか、石に凄く「」がこもっているようで
質が悪く思えました。
天然石自体は、悪さをしないですが、
そこに触れる人々の影響でそういう波動を
含んでしまうんでしょうね。。。
 
 
と、こういう感じ方は自分にはあります。
まぁ気のせいと言えばそれで済みますし、
日常生活に支障はないので問題ないのですが、
世間的に良いと言われているものも
「人それぞれなんだなー」
と思った次第です。
 
 

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村



コメント

タイトルとURLをコピーしました