心踊る名曲コード進行〜「恋するフォーチュンクッキー」AKB48〜

楽曲解析
【MV full】 恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式]

楽曲について

「ポニーテールとシュシュ」時期の全盛期とは
全然違う曲調であり当初驚きましたが、
聴くほど体に馴染み非常に魅力的な曲であることに
気づきました。
アイドルの枠を超えて名曲だなと思うんですよね。
ここではコード進行だけにピックアップしますが、
歌詞もコンセプトも素晴らしく全国的なアイドルだからこそ
より輝きを増し多くの人の心に届いた楽曲だと思います。

※参考サイト
「恋するフォーチュンクッキー」コード

イントロ

コード進行D-Bm-D-Bm-G-A-D-Bm
度数Ⅰ-Ⅵm-Ⅰ−Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ-Ⅵm

Aメロ

歌詞 「あなたのことが好きなのに〜」
コード進行D-Bm-D-Bm-G-A-D-Bm
度数Ⅰ-Ⅵm-Ⅰ−Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ-Ⅵm

非常にシンプルですね。
とてもポップで明るく楽しい雰囲気ですが、
Ⅳ-Ⅴ-Ⅰの部分でちょっとせつない感じが
メリハリがあって良いですね。

Bメロ

歌詞 「カフェテリア流れるMusic〜」
コード進行GM7-A-A7onG-F#m7-Bm
度数Ⅳ-Ⅴ-ⅤonⅣ-Ⅲm7-Ⅵm

私がこの曲で一番好きなところがこのBメロ。
ベースが8ビートのダンスビートになって
自然と心と体が踊りだしたくなる力を感じます。
コード進行は王道進行となりますね。
ただ、
A7onG
を挟んでいることで
ベースラインがA-G-F#と全音半音と下降していく
ヒット曲の要素にある下降ラインとなります。
王道進行のアプローチとして単に使うのではなく
こういう風なバリエーションを知っておくと
すごく実践的で便利だなと思いました。
他のバリエーションとしては「BELOVED」GLAY
が挙げられますね。
ぜひ、一緒にチェックをしてもらえればと思います。

せつなくも力強く進むコード進行 〜『BELOVED』GLAY〜
楽曲について現在も活躍し、数々のヒット曲をリリースしているGLAYですが、この当時の作品で一番GLAYの暖かさと力強さという魅力を前面に出した作品はこの「BELOVED」ではないでしょうか。わたしの世代は、この...
歌詞 「止められない今の気持ち〜」
コード進行E7-Em7onA-A
度数Ⅱ7-Ⅱm7onⅤ-Ⅴ

E7はどういう解釈でしょうかね?
特に理論的な理由は私にはわかりませんでした。
響き的にOKというニュアンスでしょうか。
Em7onA
はユーミンがよく使うコードが
ここでも出てきました。
Em7onA-A
というように繋がるわけですが、
トニックのDで解決せずにドミナントのAで
終わるとこることでツーファイブにもなっていて
かっこいい手法ですね。

Cメロ(サビ)

歌詞 「恋するフォーチュンクッキー!〜」
コード進行D-F#m on C#-Bm-F#m on A-GM7
度数Ⅰ-Ⅲm on Ⅶ-Ⅵm-Ⅲm on Ⅴ-Ⅳ

これはカノン進行に含めて良いのか?
人によって見解が分かれそうですが、
私はベースラインからみてもカノン要素が
高いのでカノンフェイクと判断してます。
カノンフェイクについては下記でも書きましたので
併せてどうぞ。

せつなくも力強く進むコード進行 〜『BELOVED』GLAY〜
楽曲について現在も活躍し、数々のヒット曲をリリースしているGLAYですが、この当時の作品で一番GLAYの暖かさと力強さという魅力を前面に出した作品はこの「BELOVED」ではないでしょうか。わたしの世代は、この...

純粋なカノン進行より「いかにもカノン進行」という感じが
なくてちょっと大人っぽい感じがする雰囲気がしませんか?
なんとなくカクテルやワイングラスも似合いそうな
サウンドに聴こえますね。(私だけかな^^;)

歌詞 「HEY!HEY!HEY!〜」
コード進行F#m-Em7-A-D
度数Ⅲm-Ⅱm-Ⅴ-Ⅰ

これはツーファイブワンの進行ですね。
節目でしっかりとツーファイブを使うは
他のヒット曲でも多くありますね。
乱用しないでここぞという締めで
使うところがニクいところです。

歌詞 「人生捨てたもんじゃないよね〜」
コード進行GonA-A-GonA-A-GonA-A-D
度数ⅣonⅤ-Ⅴ-ⅣonⅤ-Ⅴ-ⅣonⅤ-Ⅴ-Ⅰ

王道進行の一部ですが、
トニックのⅢmとⅥmには行かないので
完結しないままIVとⅤをウロウロして
最後トニックのDへ締めくくることになります。
このⅣとⅤというのはこの曲のように四分打ちや
ダンスビートによく合う印象ですね。

おわりに

全盛期のアイドルっぽい楽曲も好きですが、
この時期のAKBも非常に魅力があります。
コード分析からは離れますが、
アレンジ、ミックスも古臭さがなくてどこか
今風の爽やかさが出ています。
どうしてもこういう曲調ってダサくなって
ギャグっぽくなってしまうと思うのですが
そういったところはなくむしろ良い哀愁だけ
残した素晴らしい楽曲です。
コード進行も派手さはないものの
きっちりと狙うとこは狙って聴かせどころを
作っているところが参考になりますね。

多くの人が踊ってみたで認知していますが、
楽曲自体はもっともっと評価されても良いと
個人的に思う曲でした。

今回も読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました