内なる気質が目を覚ます!〜第4回セルフブランドテスト結果〜

セルフブラインドテスト



にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

目次

はじめに

セルフブラインドテストとは?
と言う方は下記のページを先にご覧ください。
こちらに基本方針の説明を書きました!

実際の摂取期間

11月12日〜11月16日の5日間

精神的変化

  • 言霊を意識し手紙などで表現することが実行できた
  • 退職予定の本職(IT職業)の仕事に手がつかなくなった
  • 健康だが心身ともに疲労が高まる
  • やるべきことで未完了の作業があるがそれは不要だと氣づく

ざっくりした氣づきは上記になります。


花療法士コースの受講生同士でのシェアミーティングを
月に1回のペースで実施しているんですね。

そこで手紙を書く大切さというシェアがあり、
自分にとっては考えていなかったこともあり感銘を受けて
実際に行動に移しました。

手紙にするってすごく集中力が必要ですし、
相手のことも想ってことなのでエネルギーが入ります。

でもこれが心を込めることなんだと、
実感しました。

これからも手紙を書く大切さを心に、
言葉と向かい合っていこうと思います。


自分のやりたいことが、
明白になると確実に自分の波動が変わりますよね!

それは

すべての悩みが解決!ハッピー!!

になると思ってました。

ところが!

波動が変わると、
今の現実。

つまり

昔の自分の波動が作ったこの現実が

今の自分と非常に合わなくなり、
そのギャップがすごく自分にストレスになるんですよね。

イメージ的には、自分の体の中で
水と油が入り混じっている感じで
混ざりあえないものがあるんです。

物理世界で生きているので、
思ったことがすぐに現実に反映される世界じゃないですよね。

でも、波動はすぐに変わります。

そうなるとこういう
以前の波動(今の現実)と今の波動(未来の現実)
とで自分が板挟み状態。

その結果、仕事が手につかなくなり
それを無理してでもこなした結果、
疲労困憊。

翌日、急遽休暇をいただいてゆっくり休むことにしました。
こういうことは初めてですが、
これ以上の無理は体を壊すと分かっているので、
休ませてもらいました。

後は、プライベートで未完了の作業いくつかあったのですが、
全部今はやるべきことじゃないと氣づき放棄しました。
今の自分の作業じゃないなと見切った感じです。



肉体的な変化

  • 疲労感

精神面でも記載しましたが、
肉体面に反動が来ましたね。

これは、精神面からきているものなので
原因も明確でした。

 

環境の変化

  • 人との出会い

具体的な方の名前は伏せますが、
新しい出会いや出来事が多くありました。

きっとこれからの変化の影響があると思ってます。

予想

ここまでの経過で何の和のフラワーエッセンスを
摂っているのか予測したのが下記です。

  • ティーリーフ
  • デイゴ

前回と同じですね。
これだけ過去や内面を見ることが多かったので
上記のフラワーエッセンスと判断するのが
無難だと思いました。



結果



椿

でしたー!!


ここで新商品!
空気を読んだセルフブランドテストに関係者もにっこりですね😄

男の自分が飲んだらどうなるんだろう?

という疑問ももっていたのですが、
内面の自分らしい生き方が猛烈に高まって
今の生活に影響がでるほどでした(笑)

椿、これは自分の内なる気質や目的を
突き動かすエネルギーがありますね。

そして、前回のオヒルギ

からの流れがまた相乗効果を生んでいるようでした。

両方とも行動力がキーワード。

オヒルギ、椿ともに行動力
その質は違いますが、
総じて自分のやりたい方への
強烈な後押しでした。

では、オヒルギと椿をブレンドすれば良いのか?

という話になりますが、
間違いではないですが、
僕の今の検証では別々が良いですね!

しっかり1つ1つの効果を自分なりに得ながら
切り替えていく方がしっかり発揮するようです。

その見極めのタイミングは自分では
難しいものがあるのでご相談いただければと思います。

これは僕にとっては
試練のような日々でした(笑)

それくらい強烈でしたので、
今度「オヒルギ→椿」の流れを実施するときは
日程を調整してから実施しようと思います!

「行動すべきことがあるのにできない」

とお悩みの方にはぜひ、
椿


そして、さらに効果を高めたい方は
オヒルギ椿
をどうぞ!

前回のセルフブラインドテストはこちら↓

お読みいただきありがとうございました。

フラワーエッセンスをご存知でしょうか?
お悩みはございますでしょうか?
もし、あてはまるものがございましたら、
フラワーエッセンスとは

カウンセリングのご案内

をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました