アンパンとメロンパンのお話し 〜自分軸と価値観〜

フラワーエッセンス



にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

皆さん「自分軸」って言葉を
良く聞くことが増えたかと思います。
でも、、、
「自分軸ってなんだろう?」
って思いません?

そこを考えた時に1つのお話で例えることが
出来たかもしれないのでシェアしますね。

下記をご覧ください。

ケース1

A君:「僕、今お金がないけどアンパンが食べたいんだ。B君買ってきてくれないかな?」
B君:「いいよ!ちょっと待っててね!」

〜スーパーにて〜
B君「アンパンあったぞ。あれ?隣に本日限定高級メロンパンがあるじゃないか!?これは、俺の大好物!しかもアンパンより高級だからA君は喜ぶぞ!」

〜A君のもとへ戻ったB君〜
B君:「A君お待たせ!ほら!アンパンより高級で限定品のメロンパンだよ!!食べて」
A君:「・・・。。。う、うん。ありがとう。」
B君:「どうしたのA君?具合悪いの?」
A君:「いや、ありがたいんだけど僕はアンパンが食べたかったんだ。。。とても貴重なメロンパンなのはわかるけど。。。でもありがとう。いただくよ。」
B君:「あ、う、うん。」

これはB君は、A君の価値観より自分の価値観を優先してしまい、
本質を見失った結果、同調できなかったケースですね。
これは自分軸での行動と言えるのでしょうか?

ケース2

B君:「さっきはなんでA君喜んでくれないかったんだろう。。。まぁ、とりあえず学校に行くか。」
   学校に着くとクラスのみんながアンパンを美味しそうに食べてました。
Cさん:「今ね、みんなで好きなパンを選んで食べてるんだぁー。
    そうしたら、みーんなアンパンを選んでしかもすっごく美味しんだよ!
    B君は何のパン食べる?」
B君:「(俺は、本当はメロンパンが大好きなんだよな。。。
     でも、みんなアンパン食べてるし(迷))」
   「あ、じゃぁ俺もみんなと同じアンパンにするよ。」 

これはB君が、自分の価値観より相手の価値観を優先してしまい、
本来の自分を見失った結果同調してしまったケースですね。
自分軸での行動ができたのでしょうか?

おわりに

この違いがすごく大事だと思うんです。
間違えてしまうと思うんです。

ケース1は主に
友人、会社、そしてカウンセラーとクライアント間
におけるケースで相手の価値観を捉えて、
合わせることが望ましい場合です
この場合は、相手に求めらていることがあって、
B君はそれを了承して行動してます。
なのに自分の価値観でメロンパンを選んでしまったために、
本来A君から求められている行動と逸脱してしまいました
ここで自分軸だけで行動してしまうと
相手との同調が不完全になってしまうケースです。

次にケース2は、
いわゆる同調圧力にまけて自分の価値観を見失って、
自分らしく生きれないケースです。
つまり、自分軸で行動が出来てない場合ですね。
別に周りから同じアンパンを食べるように求められているわけけでも、
強要されているわけでもありません。
なのに同じ行動しなければとアンパンを選択してしまいます。

周りがどうであれ、自分が食べたいメロンパンを選ぶこと。
そして、周りのアンパンを選んでる人を否定しないこと。
メロンパンを否定されても受け入れること。
メロンパンに興味を持った人がいたら、分けてあげること。
これが大事であり、このケースを例に挙げて
僕が思い伝えたいことでした。

これはあくまでもケースなので、例えは何でも良いですが、
少しでもこの自分軸と価値観の話が伝わればと思います。

自分軸を整えたい方には
白樺のフラワーエッセンスがおすすめですよ!
白樺フラワーエッセンス

実際は、僕はアンパンもメロンパンも大好きなので両方買っちゃいますけどね(笑)

お読みいただきありがとうございました!

フラワーエッセンスをご存知でしょうか?
お悩みはございますでしょうか?
もし、あてはまるものがございましたら、
フラワーエッセンスとは

カウンセリングのご案内

をご覧ください。






コメント

タイトルとURLをコピーしました