コード進行が語り出す〜「君の知らない物語」supercell〜

楽曲解析
Supercell – 君の知らない物語 PV Japanese + Chinese Sub/Karaoke [化物語/Bakemonogatari ED]

サビ

歌詞 「いつもどおりの〜」
コード進行 AonC#-D-E-F#m
              AonC#-D-E-D
度数    ⅠonⅢ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵm
    ⅠonⅢ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅳ

度数に注目するとオンコードを
活用してベースラインが
半音または全音で順次進行しているのが特徴です。

イントロ

コード進行 D/E-C#onE#/F#m-AonE-Dm
              A/DonA-A-EonA/A-DmonA-A/A
度数           Ⅳ/Ⅴ-Ⅲon#Ⅴ/Ⅵm-ⅠonⅤ-Ⅳm
    Ⅰ/ⅣonⅠ-Ⅰ-ⅤonⅠ/Ⅰ-ⅣmonⅠ-Ⅰ/Ⅰ

D/E-C#onE#/F#m
ここは王道進行の派生系ですね。
本来は、C#ではなくC#mですが
ここはkey=F#mのマイナースケールからの
借用コードになってます。
そしてその3度の音をベース音にすることで
半音で上昇していく仕掛けになってます。

Dm
Ⅳmになってます。
これはサブドミナントマイナーと呼ばれるもの。
Ⅳ-Ⅳm-Ⅴ-Ⅰのように使ったりするのがよく見受けられます。
唐突にグッとくる響になるので
センチメンタルな雰囲気にしたい時に
効果的ですね。

Aメロ

歌詞 「たまには良いこと言うんだね〜」
コード進行 A-E-D-A-EonG#
    F#m-B-D-E
度数       Ⅰ-Ⅴ-Ⅳ-Ⅰ-ⅤonⅦ
    Ⅵm-Ⅱ-Ⅳ-Ⅴ

コード進行のパターンは
特にヒット曲の通例のパターン
ではないですが
サビのコード進行の雰囲気を残しつつ
メロディーに合わせてコードを変えている
印象です。

歌詞 「バカみたいに〜」
コード進行 A-E-Bdim on F-F#m-AonE-BonD#
    D-AonC#-D-E-Asus4-A-EonG#
度数       Ⅰ-Ⅴ-Ⅱdim on Ⅵ-Ⅵm-ⅠonⅤ-Ⅱon#Ⅳ
    Ⅳ-ⅠonⅢ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰsus4-Ⅰ-ⅤonⅦ

複雑なコードに頻繁なコードチェンジ
そしてオンコードの連発。
名曲ですが、
あまり弾き語りされない理由が
わかりますね(笑)

注目すべきところは
やはりベースライン。
オンコードを多用して半音ないし
全音の順次進行を狙ってます。

Bメロ

歌詞 「真っ暗な世界〜」
コード進行 F#m-D-E-AonC#
    D-E-F#m-EonG#-A
度数      Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-ⅠonⅢ
   Ⅳ-Ⅴ-Ⅵm-ⅤonⅦ-Ⅰ

複雑なAメロから
一転して小室進行です。
こういう風に聴かせどころに
メリハリがあるのが聴いていても
緊張感と緩和をもたらします。

Cメロ(サビ)

歌詞 「いつからだろう〜」
コード進行 A-E-D
    DonF#-EonG#-A-Ddim-Esus4-E-AonC#
度数      Ⅰ-Ⅴ-Ⅳ
    ⅣonⅥ-ⅤonⅦ-Ⅰ-Ⅳdim-Ⅴsus4-Ⅴ-ⅠonⅢ#

サビでも順次進行のベースラインを
意識した進行になってます。
メロディーありきでピアノでの作曲
という構図がみえるくらい
コード音、ベース音、メロディーが
絡み合った作りになってます。
両手で奏でながら作ったであろう
想像がつきます。

おわりに

全体通してオンベースを活用し
滑らかなベースラインが印象的です。
そしてメロディーが先行してくられ
それにコードが乗ってきたのであろう
柔軟に変わるコード進行が物語を
語るようにどんどん流れていきます。

楽曲自体はアニメソングであり
非常にポップですがコード進行は
近年のJ-POPには珍しい型にハマってない
ものとなってます。

作曲者のインタビュー記事を以前読んだ時に
歌詞が先に出来たというのを見かけたので
歌詞からメロディーが生まれそこにコード
進行つける結果、コード進行が型にはまらない
ユニークなものになったと推測されます。

今までの楽曲分析の中では
難解も部分も多く演奏者も
非常に苦労すると思いますが、
ベースラインの動きとコードの響きを
意識しながら弾くとより一層名曲が
輝きだします。
今回も読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 音楽ブログ サウンドクリエイターへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました