【書評】ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。 (マイク・マクマナス)

スピリチュアル

 

  1. 手にしたきっかけ
    ・知人よりこの本の紹介があったため

  2. 本の特徴
    ・全6章
    ・イラストはほとんどなし
    ・チェックシートつき

  3. 入手場所
    ・Amazon (Kindle Unlimitedなので0円)

  4. 読んで気づいたこと変わった事
    ・ワクワクの感情に対しての行動や考え方

  5. 総評
    ・日常から得た固定概念を根底から崩すほどの内容
     生きがいがなく、日々辛い生活をしているならば一読の価値あり

 

 

ワクワク

日常生活で生きがいに満ち溢れて
充実した日々を過ごしている人はどれだけいるでしょうか?

正直に言いまして、
わたしは出来ているとは言えません。

なので、この本を手に取ったわけです。

この本では、徹底して「ワクワクすることやる」と述べており
しかも、どれか1つ1番ワクワクすることでなく
全部やる
ということを推してます。

また、嫌なことはしないということも記載されてます。

ここまでで

「ワクワクってなに?」
「わかっているけどそれが出来ないんだよ」


と思う方が多いはずです。
まぁ、わたしもそうです。

この点についても全編通して「ワクワク」「実行方法」が
事細かに記載されてます。

ワクワク」というキーワードに関する本はたくさんありますが
その入門編としても非常に有効だなと思います。




やる気


「やる気を起こす方法」

この言葉に惹きつけられませんか?

わたしは、猛烈に惹きつけれますね(笑)

なぜなら、やる気をコントロールすれば嫌なことも出来るようになって
日常の面倒なことも仕事もガンガン進んで周りからも評価されて
幸せ三昧なわけです。

でも、この本では「やる気を起こすのは不可能」と明言されます。

拍子抜けしますが、理由もあります。
そもそもやる気を出す必要があること自体が好きじゃないこと
をしているからであり、「ワクワク」してないことなんです。

それを無理やりやる気出しても持続力と実行力がありません。
一時的にあってもそれは錯覚なのですと。

たしかに、これが出来ているなら巷の本で述べられることや
講演会に行った人全てがそうなってますよね。

先生や上司からも「もっとやる気出せ!」と言われて

「OK!やる気出しますよ!!」

ってならないわけで。。。




じゃな、どうすればやる気出る

ワクワク」することをやるしかないということですね。

これをすることで内側から
自然にやる気が込み上げてくるわけで
これが本物やる気なわけです。

例えば、
自分の好きな趣味をやっているときにやる気って必要ないですよね。
自然とやっているわけで没頭しているので。
これなんでしょうね。

この「ワクワク」ってどこからくるのか?

それは生まれ持ったものらしいです。

人それぞれ好みが違うようにワクワクも違うのでしょう。
なのでこれは自分で見つけていくしかないということになります。
この見つけ方も本書にはちゃんと記載あります。
(ちょっと難しいですが)

ワクワクが見つかって、
もしくはすでに知っていて次になにをしましょう?

行動ですよね。

これがないとはじまらないわけで。

でも、出来ないんです。
それは失敗や恐怖による現状の変化が怖くなります。

それを感じるといろんな理由が浮かびます。

・時間がない
・お金がない
・才能がない

 ・・・など

いくらでも浮かびます。

これを全部「いいわけ」と言い切ってます!

結構、グサッときますね。。。

まぁ、世の中偉い人と言っても才能がある人ってあまりいませんよね。
それでも自分より良い生活をしているなんて、
ありふれているわけで
確かにこういう概念って
思い込みなのかもしれませんね。




行動

勇気付けれた言葉は

ワクワクすることや好きなことに適性がないと思う場合はなおさらやろう

でした。

ワクワクすることがあってもいざ行動すると、
自分より優れている人や成功している人が
目について自信が消えて行きますよね。

でも、これも思い込みで
必ずや才能や技術が必要と限らないとのことです。
人との出会いやチャンスは思わぬところから
訪れるものでそういったものを引き寄せ掴むことで
道は開けるのでしょうね。

わたしの人生でも大成功はないですが、
大きな変化って思わぬところなんですよ。
仕事の紹介や新しい友人との出会いなど

これって、
自分が好きで熱中しているときにしか起こらない
マジックだと思ってます。
それが、「ワクワク」に従って生きるかとかなと。

だから、どんどん「ワクワク」することをやって
そこから繋がる人脈、機会がとても重要だと思います


これは探すというよりも熱中していると
自然と引き寄せるものなのでしょうね。




はじめの一歩、ならぬ小さな一歩

いきなり、大きな行動はじゃなくても良いと。

まずは小さな一歩はじめの一歩として
行動しようということでした。

例えば
「ミュージシャンで売れたい!」
という思いがあった場合に

・楽器を見に店にいく
・友達に声をかけてみる
・ブログで広報活動の準備
・好きなミュージシャンのライブにいって勉強


など、結構楽に出来ることがあるかと思います。
こういうのをまず初めてみることで、
道のりをつくるわけですね。

わたしの場合は、このブログを書いているのが小さな一歩です。
多少維持費はかかりますが、自宅ですぐに出来るので難易度は低いです。
でも、それすらわたしは何年もやりませんでした。
理由は、、、前者の書いたようなことです。。。

この小さな一歩ですが、
それでもすぐに行動に移すのは苦難だったりします。
わたしもそうでした。

でも、この本曰く

グズグズと決断を先延ばししている時に、
潜在意識が準備している

というのです。

こればかりは、実感が無いですが
そういうものだと思って自信をもってグズグズしましょう!(笑)
準備できてないのに無理に行動しても周りの固定概念に塗り替えられて
しまうので、やっぱグズグズ大事。



好きなことに優先順位無し!

趣味っていくつありますか?

わたしは、たくさんあるほうです。
釣り、プラモデル、ギター演奏、楽曲作成、読書、筋トレなど

すでにやれていないものも多々ありますが、
この本では「すべてやれ!」と書かれてます。

時間が問題じゃない、
いかに情熱をもって接することができかだと。

だから、お金や時間がなくて釣りに行けなくても
想像して釣りをしているイメージだけでも
気分が「ワクワク」するならそれで良いのでしょうね。

これらのワクワクが1つでも欠けると
バランスが崩れてしまい、心の満足が得られないとのこと。

なので、全て実施するというのがとても重要らしいです




立ち止ること

それでも否定的な意見を受けることがあって
心が折れそうになります。

それでも、

「実現する現実は自分で作り上げる現実」

という言葉通り
貫くしかありませんね。

そして、いくつか問題があっても
まったく問題が無くなる日はないので
それを抱えながらも歩んでいく情熱が大事であり
それができるのが「ワクワク」するものだからであると思います。

この本で書かれてるマイナス因子という言葉にもあるように
歩みに支障が出ることとして

その行為をしたときにハツラツするか
投資収益はプラスになるか


を注意が必要ですね。
良いなと思っても案外現実逃避しているようなことも多々あるので。

そして、わたしが心に響いた言葉。

「人が取るべき責任ある行動はただひとつ。
自分が心からしたいことをすることである。
それが人生でもっとも責任ある行動であり、
その人が負う最高の責任である」

引用:ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。




直感

いちばん曖昧で信じがたいもの
というのがわたしのイメージです。

直感どおりに動いては、根拠がないし、誰もたすけてはくれないので。

でも、この直感潜在意識からのメッセージであるわけでした。

見分け方として、
感情が激しく揺れないことがポイントらしくです。
わたしもこの点はイマイチ、ピンときておらず
すいませんがこれ以上、補足ができません。

ただ、あまり理屈や周りの反応に縛られずに
感じ取ったものを自分で受け入れ行動することが
なにか新しい感覚と行動になり、それが良い方向に向かうと思います。

 

おわりに

とにかく、情報量が多い本なので読み終えると
ぐったりします。

ですが、決して難しい内容ではなく
わかりやすく述べれているので軽い気持ちで
読むことができます。

このボリュームで
Amazon (Kindle Unlimitedなので0円)
というのは驚きです。

まだ、読んではいないですが、
「ソース セルフ・スタディ・キット」
という活用書もあり、なんとこれもKindle Unlimited!

また、読んだらレビューしようかなと思います。

これからの人生、
可能な限り自分の枠を広げて
環境、感情、経済面含めて冒険したいと思います!

今回も読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました