全盛期が続く!新しくも懐かしいサウンド!〜「サステナブル」AKB48〜

楽曲解析
【MV full】サステナブル / AKB48[公式]

楽曲について

作曲が井上ヨシマサ氏による
全盛期を思い返すナンバーとなってます。
しかし、以前とは何かが違う?
そんな感じがあるためコード分析をしてみようと思います。

※参考サイト
「サステナブル」コード進行

イントロ

コード進行F-F-A(A7)-A(A7)
    Dm-B♭m6onD♭(D♭6)-Csus4-C
度数Ⅰ-Ⅰ-Ⅲ-Ⅲ
  VI-Ⅳm6onVI♭(Ⅵ♭6)-Ⅴsus4-Ⅴ

いきなり、ノンダイアトニックコードの
A7が出てきますね。
これは、なんでしょう?
参考サイトではAとなってましたが、
これはおそらくA7が正しいと思われます。

理由は、

1,次のDmへ繋げるためであるためであり、
 セカンダリードミナントの役割があるため
2,メロディーからして7thの音が使われている

が挙げられます。

次にB♭m6onD♭の部分ですが、
ここはD♭6で良いんじゃないでしょうか?
これだと確かに5thがA♭になり
ノンダイアトニックになってしまいますが、
私の耳には特に違和感は感じませんでしたので
このコードにしました。

Aメロ

歌詞 「海の季節は終わってしまった〜」
コード進行F-Dm-Gm-C
    A-Dm-B♭-Gm7♭5-C
度数   Ⅰ-VIm-Ⅱm-Ⅴ
    Ⅲ-Ⅵm-Ⅳ-Ⅱm7♭5-Ⅴ

AもA7かなと思いましたが、
聴感上はAですね。
メロディーは7thもなってますが
経過音なので聴感としては弱かったです。

Gm7♭5
こちらもノンダイアトニックコードになりますが、
恥ずかしながらこの手法はしらなかったのでググりした^^;
そして下記のサイトがわかり易かったので引用させていただきます。

「G7」のルート音「ソ」に向って「ソ#→ソ」という半音下降のラインがつくられることから、「ソ#」の音が「ソ」を連想させるような働きを持ちます。
※キーがCの場合

引用:音楽理論|フラットファイブ

つまり、ツーファイブの派生バージョンとして
Ⅱm7♭5は使用可能ということなんです。

響き的はちょっと不安にさせるような
自信がないようなサウンドなので歌詞とも
ぴったりで魅力的な響きです。

Cメロ(サビ)

歌詞 「あれっきり(あれっきり)〜」
コード進行F-A-Dm-FⅦ
    B♭-ConB♭-Am-Dm-Gm7♭5-C
度数Ⅰ-Ⅲ-VIm-Ⅰ7
  Ⅳ-ⅤonⅣ-Ⅲm-VIm-Ⅱm7♭5-Ⅴ

Ⅳ-ⅤonⅣ-Ⅲm-VIm
これは「ロビンソン」スピッツのサビと同じ手法ですね!
王道進行をよりフワッとした感じにする効果があります!

日常を神秘に変えるコード進行〜『ロビンソン』スピッツ〜
チリやホコリも太陽の光で キラキラと輝く幻想的な演出になる日常、 そんなありふれた日常を幻想を 感じさせてくれる曲が この「ロビンソン」だとわたしと思います。 しかも、イントロだけですでに。

最後がⅡm7♭5-Ⅴになっているのがこの曲の特徴です。

おわりに

最初聴いた直感としては
全盛期のアイドルナンバーに戻って
カノン進行+小室進行の合わせ技か!
と思いましたが、実は80年代のアイドルに近い曲調でした。
しかしアレンジは2000年代のアイドルなので
良いところを合わせたある意味
新しい今風の曲となっていることに気づきました。
やはりAKBは普通のことをせずに
どこか新しいものを取り入れつつ
高い完成度なのがいつ聴いても
さすがだなと参考になります。
メンバーが変わって勢いが以前より無くなったとは言え、
楽曲としては参考になることが多いので今後も注目していきます。

今回も読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました