嫌な記憶は改変してしまおぅ

うつ病

誰にもでもあるのがこの
「嫌な記憶」
これを忘れられたら気が楽に
なれるのになぁーと思うと思います。

一言に「嫌な記憶」といいっても
複数パターンがあります。

生命の危機にかかわる記憶
笑い話にできる記憶
今の自分に悪影響を及ぼす記憶(トラウマ等)

一番厄介なのは
「今の自分に悪影響を及ぼす記憶(トラウマ等)」
で忘れたくても忘れられず
今の自分にブレーキをかけてしまい
行動ができなくなる懸念があります。
こういう場合は、記憶を忘れれば良いのですが
そもそも忘れられないから悩むので
正確には記憶の解釈を変えて書き換えることですね。

生命の危機にかかわる記憶

例えば、交通事故にあったとかあいそうに
なったとかですね。
これって生命の危機に関することなので
記憶に残った方が繰り返さないで済むので
自覚しておきたい記憶でありますね。
これがトラウマのようになるようであれば
対処が必要ですが、通常は過ちを繰り返さない
教訓
として活きるでしょう。

笑い話にできる記憶

どんなに辛いことも
時が経って笑い話に
出来ればもう何も問題ないですよね。
過去の処理が上手い人って
悲劇を喜劇に変えること
出来るですよね。
もちろん記憶の内容よるので
一概に言えませんが
1つの理想であると思います。

今の自分に悪影響を及ぼす記憶(トラウマ等)

記事では下記のように書いてありました。

1.まず、この瞬間を忘れられることを思い出す。すると安心感が湧いてきます。そして…
2.すぐ何かほかのことに集中する。そうするとつまり…
3.短期記憶にあるこの恥ずかしいワンシーンを、長期記憶に移動させないでおくことができる。

嫌な記憶を早く忘れるための3つのステップ

確かに手段としては
効果があると思いました。
しかし、そもそも長期記憶に
移動させないようにすること自体が
記憶を定着させてしまう可能性もあるので
わたしが思うには忘れるのではなく
記憶の改変が重要だと思ってます。

記憶の改変方法

例えば、嫌な記憶があったとして
そこに嫌な人がいるとします。
その場合にどういったことに嫌な感情を
抱きますか?
その抱いたシチュエーションがカラーなら
白黒にしてみましょう。

そして、それを写真や映画のように
枠を囲ってだんだん小さくしてます。
そして、それを遠くに飛ばすイメージをします。
こういう風に記憶を鮮明なものから
曖昧なものに何度か書き換えることで
感情も鈍感になっていくので以前より
だいぶ過去の記憶からの影響が緩和されます。
他にも方法があります。
もう1つはその嫌な記憶に
コミカルな音楽を流すのです。
思い浮かばなければ
ヒット曲でも良いでしょう。
とにかく嫌な記憶をコミカルなものに
変える試みをするのです。
そうすると前よりはなんか
バカバカしく思えて
心が楽になります。

 

どうでしょう?
ちょっと難しいですが、
慣れてくると結構楽しみながら
出来ると思います。
もちろん、これでは対処不可能な
記憶もあるのでそういう時は
専門のカウンセラーのもとで
記憶と向き合うことが懸命でしょう。

※下記の本が参考になりました!

【書評】日本一やさしいNLPの学校 (鈴木信市)
Follow @y_knosuk手にしたきっかけ・カウセリングや他の本でNLPに興味を持ったため 本の特徴・全7章・見開きごとにイラストがあり、参考書形式 入手場所・Amazon (古本) 読んで気づいた...

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました