宇宙に衝撃を与える情熱 ー「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」(カーマイン・ガロ)

書評

ガジェット好きには神のような存在の方
その理由は、革新的な製品を生み出したことと
Appleの発表会での印象的なプレゼンではないでしょうか。
自分もその魅力に吸い込まれた1人でもあります。
プレゼンというのはスーツを着た人があまり興味が湧かない
説明を淡々と続けるようなイメージがある中、
スティーブ・ジョブズのプレゼンは
吸い込まれる魅力があります。
そこに興味があったためこの本を手にした次第です。

何を売り込むのか?

いきなり確信に触れることになりますが、
ジョブスは、MacやiPhoneを売ることがゴールで
活動しているわけではなということでした。
では彼が何を売り込もうとしていたのかのというと

「人の可能性を束縛から解き放つツール」

なのです。
この時点で凄く納得出来る思います。
その手段として確信的な商品があるあるわけで
私たちたちが手にしている商品は彼にとっては
手段であったのです。
そして、私たちがAppleの製品に魅力を感じるのは
コミュケーションに感じる束縛を解放しくれる
心地よさでした。
iPhoneを筆頭にスマホが復旧してから
わたし達のコミュニケーションは以前より
身近になりました。
もちろんLineなどのアプリの影響もありますが、
それもスマホの普及ありきの結果だと思います。

衝撃を受けたのは誰か?

彼がどういうポリシーで活動していのかは
分かりました。
そして、多くの革新的な商品に
衝撃を受けたのも事実です。
ここでも彼独自の思想が伺えます。
彼の中にあるのは、
「世の中を救いたいという熱意」
であり、
「宇宙に衝撃を与えたい」
と思って行動しているのです。
そのために、
心から湧き上がる情熱が必要であり
そこから湧き上がる言葉や行動が
他の人に影響を与えるのです。
この情熱には「伝染力」が強くあるのです。

構想はアナログから

書く → 簡単な絵を描く → スライドを作成する

いきなりデジタル機器を使うわけではなく、
意外にも紙に鉛筆で書くことこからスタートなのです。
この下準備に本番の60倍の時間を費やすのです。
だいたいはスライドを作る時間や
リハーサルに時間をかける
イメージでしたが、
彼は下準備にとても多くの時間を
費やしていたのです。
具体的な準備内容は、下記となります。

話のタネを探す
専門家に話を聞く
アイデアを整理する
仲間と話をする
話の流れを大まかに組み立てる

また、気をつける点として
箇条書きは諸悪の根源
としています。

これにはわたし自身「ギクッ」としますしたね。
もろに思い当たるので。。。

確かに自分自身がメモするのに箇条書きは
良いですが、相手に見せるのに箇条書きからは
何もワクワクするものは感じませんよね。
自分が説明しやすいようにしているだけの
書き方になっているわけでした。

おわりに

プレゼンの仕方というより、
メンタル面の重要性も強く描かれており
通常の仕事においての向き合い方という
視点でもとても参考になりました。
なのでタイトル以上のインパクトと情報量が
ある本となってます。

スティーブ・ジョブズやAppleに
興味あるなしに関わらず
非常に楽しめる内容でした。

今回も読んでいただきありがとうござました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました