有名すぎるイントロとコード進行〜「Get Wild」TM NETWORK〜

楽曲解析
TM NETWORK 『Get Wild』

楽曲について

前回までカノン進行、王道進行ときたので
この流れは小室進行を挟まねばと思い
この曲を選曲しました。
この三つのコード進行がJ-P0Pの大半を
占めているのでぜひ知っておきたいところです。

この曲は説明不要なほど
有名なイントロから始まります。
始まった瞬間に切なくも
期待感を感じさせるあのサウンド。

そこから疾走感。
コード進行という観点から分析してみようと思います。

※参考サイト
「Get Wild」コード進行

イントロ

コード進行 G#m-E-F#-B
度数 Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ−Ⅰ

補足不要なほど、これぞ小室進行です。
Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ−Ⅰ
この進行は90年代に特にたくさんの多くの
アーティストに使われました。
このコード進行と使うことで
独特に哀愁、高揚感を纏うことができるのです。
私の印象としてはデジタルロックに相性が良く
感じますね。
アナログなサウンドだけだと、
どうしても歌謡っぽさが強くなるのですが、
そこにシンセや四分打ちのリズムを加えることで
高揚感に拍車がかかります。

コード進行 Bm-F#m-G-ABm-D-E
度数 Ⅵm-Ⅲm-Ⅳ-ⅤⅥm-Ⅰ-Ⅱ

Bm-F#m-G-A
リズムインしてから「サッ」と雰囲気が変わるのが
さりげなくてカッコ良いですよね。
この雰囲気が変わった要因は転調にあります。
前半はkey Bだったのですが、ここでkey Dへ転調します。
ⅥmをImと見るとB→Bmへの転調なので
同主調の転調となりますね。
まるで、アクセル踏み込んで加速するような
疾走感と高揚感が増した感じです。
コード進行は、基本形の小室進行とは変形した感じ。
ただ、Ⅵm始まりでⅣ→Ⅴというながれあること
途中ⅢmがあるもののⅠと同様にトニックなので
これは派生バージョンの小室進行と見て良いと思います。

Bm-D-E
ここはどういう解釈をしたら良いんでしょうね?
最後のEはどういう意味があるのかは
特定できませんでした。
別に次に繋げるためというわけでもないでしょうし、
特段理論的な意味があるようには思えませんでした。
ただ、サウンドだけみるとこの無機質な感じが
曲の雰囲気にあっているので理屈ではなく
ノリと響き重視ということでだと思います。

Aメロ

歌詞 「アスファルト タイヤを〜」
コード進行Bm-F#m-G-A-Bm-D-E
度数Ⅵ-Ⅲ-Ⅳ-Ⅴ−Ⅵ-Ⅰ-Ⅱ

イントロの後半部分と同じですね。
イントロからAメロになだれ込む感じになってますね。

Bメロ

歌詞 「it’s your pain or my pain 〜」
コード進行Bm onA-G-F#m-Bm
度数Ⅵm onⅤ-Ⅳ-Ⅲm-Ⅵm

ベースラインだけだと綺麗な順次下降ですね。
たぶん、この進行がしたかったのだなと伺えます。
しかし、響きとしてはBmでありオンコードによって
ベースの動きを狙った感じだと思います。

歌詞 「〜何もこわくない」
コード進行Bm onA-G-F#m-B
度数Ⅵm onⅤ-Ⅳ-Ⅲm-

の部分、最後だけマイナーではなくメジャーになってますね。
これは、サビに対するピボットコードというものです。
サビで再びD→Bへ転調することになりますが、
この転調後のコードを一時的に拝借して
転調後の響きを予感させる効果を狙ってます。
いきなり転調するよりなんとなく転調を予感させる
ことでどこか馴染みやすくなる効果がありますね。

Cメロ(サビ)

歌詞 「Get wild and tough 〜 」
コード進行G#m-E-F#-B
度数Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ

先ほど書いたようにkey Bへ転調しましたね。
これは、イントロの前半と同じkeyとなります。
聴いている人は意識はしないと思いますが、
イントロの出だしで聴いた響きだけに
馴染みを生み出す効果があると思います。
どこにも登場していないkeyではなく、
イントロで使ったkeyにするあたりが
耳に馴染ませるヒット曲のコツなのでは
ないでしょうか。

おわりに

ザ・小室進行といったところでしたね。
他に思ったことは、
前振りが仕組まれていること
でした。
ピボットコードやイントロとサビのkeyなど
唐突な転調をするイメージがある小室哲哉氏の
楽曲ですが、どこか哀愁があるのは
一旦聴いている人に潜在的に一度前もって
響きを聴かせているところだと思います。

今の、前線で活動してる
30代後半から40代の作曲家は
このコード進行を使っているため
最近のヒット曲も実は小室進行が多いのが特徴。
小室進行・カノン進行・王道進行の3つの組み合わせが
ヒット曲の形式でありそこに順次進行のベースラインが
鳴っていることが大半です。
この辺も踏まえて引き続き解析をしていこうと思います。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました