異次元に吸い込むコード進行〜「ファッションモンスター」きゃりーぱみゅぱみゅ〜

楽曲解析
きゃりーぱみゅぱみゅ – ファッションモンスター,Kyary Pamyu Pamyu Fashion Monster

楽曲について

シングルとしては3枚目となる楽曲。
今までの路線からハード路線に変わりつつも
コミカルでミステリアスな感じは残っており
インパクト大。

イントロ

歌詞 「ファッションモンスター」
コード進行F-Fm
    D♭M7-D♭M7-A♭onC-A♭onC-B♭m7-B♭m7-Fm7-Fm7
    D♭M7-D♭M7-A♭onC-A♭onC-B♭m7-B♭m7-E♭sus4-A♭-E♭
度数Ⅵ-Ⅵm
  Ⅳ-Ⅳ-ⅠonⅢ-ⅠonⅢ-Ⅱm7-Ⅱm7-Ⅵm7-Ⅵm7
  Ⅳ-Ⅳ-ⅠonⅢ-ⅠonⅢ-Ⅱm7-Ⅱm7-Ⅱm7-Ⅴsus4-Ⅰ-Ⅴ

いきなり印象的はイントロの幕開けです。
同主調のコードを使ったミステリアスな雰囲気が漂います。
そこからグイグイとその世界に吸い込まれるように
オンベースを活用してベースラインが下降していく流れです。
コード進行は、ポップパンク進行派生版と言っても良いかもです。
こういうエレクトロミュージックにはⅣのサブドミナント始まりが
良く合いますね。
独特の浮遊感があり、それがオンコードと相まって
トランス感のある効用を得てます。

※10/25追記
改めてギターを弾きながら振り返ってみたんですが、
この曲key=Fmの前提でしたが、もしかしてD♭かな?
という疑惑が出てきました。
理由としては、
このサビ前半部分のコード進行をkey=D♭に変換して
度数を見てみます。

key=Fm(A♭)
Ⅳ-Ⅳ-ⅠonⅢ-ⅠonⅢ-Ⅱm7-Ⅱm7-Ⅵm7-Ⅵm7



key=D♭
Ⅰ-Ⅰ
-ⅤonⅦ-ⅤonⅦ-Ⅵm7-Ⅵm7-Ⅲm7-Ⅲm7

なんと、綺麗なカノン進行になりました。
key=D♭にしても部分的にはノンダイアトニックコードが
登場するのでなんとも言えませんが、
言えることはカノン進行の響きを出しているのは
確かでした。
そしてこのkeyの関係においては
上記のようにサブドミナントから始まる見方と
カノン進行の見方があるということが言えそうですね。

Aメロ

歌詞 「おもしろいって〜」
コード進行Fm7-Gm7
度数Ⅵm-Ⅶm

Gm7
これはkey=Fmの同主調であるkey=Fの
Ⅱmにあたるダイアトニックコードの解釈です。
なぜこのコードを選んだかは謎ですが、
たぶん作っている時のノリでしょうかね(笑)

Bメロ

歌詞 「だれかのルールに〜」
コード進行Fm7-Gm7-B♭m7-D♭M7-Cm7-F
度数   Ⅵm-Ⅶm-Ⅱm-ⅣM7-Ⅲm7-Ⅵ

最後がkey=FmなのがFで終わる
ピカルディー終始になってますね。
なんとなくkeyが掴めない浮遊感が
ミステリアスな感じを醸し出します。

Cメロ(サビ)

歌詞 「ファッションモンスター〜」
コード進行D♭M7-D♭M7-A♭onC-A♭onC-B♭m7-B♭m7-Fm7-Fm7
    D♭M7-D♭M7-A♭onC-A♭onC-B♭m7-B♭m7-E♭-A♭
度数Ⅳ-Ⅳ-ⅠonⅢ-ⅠonⅢ-Ⅱm7-Ⅱm7-Ⅵm7-Ⅵm7
  Ⅳ-Ⅳ-ⅠonⅢ-ⅠonⅢ-Ⅱm7-Ⅱm7-Ⅱm7-Ⅴ-Ⅰ

サビとほぼ同じですね。

Dメロ

歌詞 「感覚をとぎすませて〜」
コード進行F-FmonC-D♭M7-B♭m7-E♭
    F-FmonC-D♭M7-B♭m7-E♭-F
度数Ⅵ-ⅥmonⅢ-ⅣM7-Ⅱm7-Ⅴ
   Ⅵ-ⅥmonⅢ-ⅣM7-Ⅱm7-Ⅴ-Ⅵ

ユニークな構成でサビ後の2番に
行く前にDメロがあります。
イントロのコード進行を踏襲した形ですが、
微妙に変えているのが面白いところ。
特に始まりがFなので転調したかのように
思いますが、コード進行はFmのダイアトニック。
でも最後はFで終わるという最初と最後だけみると
Fだけどコード進行はFmという摩訶不思議な世界観。
ここのインパクトが強く2番への期待をより加速
させているように思います。

おわりに

全体気に作曲時のノリで楽しんで作った結果の
コード進行という印象でした。
最初から狙ってやっているというより
イメージを膨らめせてコードを鳴らしながら
作ったらできたように思えます。
そのためkeyが若干定まっていないような
感じがありこれが独特の世界観を作っています。
とにかく、このワクワクするような楽しい感じは
作っている側の感情が曲に反映された結果だと思います。
タイトルのように現実離れした雰囲気を作るには
これくらい型にハマらないコード進行がマッチしているので
凄く勉強になるコード進行でした。

今回も読んでいただきありがとございました!

にほんブログ村 音楽ブログ サウンドクリエイターへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました