【書評】脳と体が若くなる断食力 (山田豊文)

書評

 

  1. 手にしたきっかけ
    ・食べることが健康か?という疑問をいただいたため
    ・食べない方が体調が良い、実体験があるため

  2. 本の特徴
    ・全5章
    ・イラストはほぼ無し(2〜3ページほど)

  3. 入手場所
    ・Amazon

  4. 読んで気づいたこと変わった事
    ・断食の効果
    ・断食の種類

  5. 総評
    ・2〜3日の断食でも効果的であるため、休日を活用して実施可能
     普段摂取している食事において、多くの有害物質が含まれているため
     定期的な断食=デトックスが有効

 

 

断食って必要なの?

一貫して、

断食の有効性を述べた食べない健康法

ともいえる内容の本でした。

いかに、現代の食事がカロリー過多であり、
そこに有害物質が多く含まれてるため
体に悪く蓄積しているか、
それが病気を招いているかを危惧してます。

たしかに、
テレビを作れば食事のことばかりで美味しいものばかり流してますよね。
グルメ番組だけじゃなくても、
健康番組でも

「あれが良い、これが良い」

と目まぐるしく流行がかわり、

「いったん、何を食べてれば健康なの?」

ってツッコミたくなります。

そこで、

「そもそも食べない方が健康なのでは?」

という疑問。

なぜなら、昔の人ってそんなに食べてないけど健康でしたよね。
寿命は短いけど、それは医学の発展がいまより遅れていたわけなので
体そのものは少ない食事でも十分であったはず。

この本では、まずこれでもかと
現代の食生活について問題視
を説いてます。

肉はホルモン剤の投与による影響
魚は養殖の場合、餌をとうして有害物質が蓄積されている
天然は、水銀が含まれている
などなど

手にする食材の多くが汚染されており、
それをわたしたちは、口にしている現実。

その食したものが、わたしたちの体を作っているという事実。

そうなると、体の調子が悪くなる原因というのにも繋がると。

「じゃな、何も食べれないよね!」

となるわけです。

そこで、断食の登場。

断食=デトックスという位置付けでもあり、
やむおえず、摂取したものは断食によって排出しましょうという考えなわけでした。



断食期間について

「ずっと飲まず食わずに、いられないよ」

となるでしょう。

本書では、下記のコースにわけられております。

少食コース  : 1日2食以下
1日断食コース : 24時間
週末断食コース : 2〜3日

わたしの経験があるのは、少食コースと1日断食コース。
これは、休日を利用して出来るの比較的実施しやすいものでした。

注意することして、まったく飲食を断つわけでなく、必要なもの摂取しながらなので
断食=絶食と間違えないことが重要でした。



わたしの実体験

わたしの場合、他の本やサイトをみて

・水
・りんご
・オリーブオイル

飲み定期的に摂取する方法で実施してます。
※あくまでもわたしの方法です。

3日間の断食結果として、

1.体重が1.5キロ減
2.その後の食生活において食べる量が減った
3.味の濃いものが食べたくなくなった
4.コーヒーなどのカフェインを摂る習慣が途絶えた
5.体重の変化以上に体が軽くなった

など、数値だけでなく食生活の変化がありました。
特に4.の摂取が中毒気味になっている人は止めるのに
良いきっかけになると思いますよ。

いいことばかりですが、
実際断食は、きついです。。。

まず、2日目からは頭痛がおきます。
それも起きているのが辛いくらいの。
好転反応らしいので、頭痛薬は絶対にとってはいけないとのこと。

そこをなんとか乗り越えると
気分が良くなって

「もうちょっと続けても良いかな」

という気分になり、体調が回復し改善に向かいます。

 

 

神経質になりすぎないために

この本の特徴として

4章までは、
食事の危険性と断食の有効性について
多くの述べられてます。


ちょっと、

「書きすぎでは?大げさでは??」

と、思ってしまいました。

後半で断食を述べる上での、
前フリなのもわかりますが
結構不安に煽られますので、
心配性や神経質な方はちょっと心構えをして

「あぁ、そうなんだなー」

くらいに受け止めておく
くらいのつもり読んだ方がいいかもです。

 

結局、断食はした方が良いのか

断食=デトックス=体調の改善

これは、確かであると本を読んで思いました。

なので、
多くの人に断食は有効である。
というのも納得です。

あとは、やり方だなと思いました。

断食の方法は、ネットでも検索すると色々出てきます。
本格的に長期間やるのは、初心者が1人でやるのは危険でしょう。

なので、
メリットもデメリットも程よい、
長くても2日までの断食を試してみて
自分の体にどういう変化があるか
を確認してみるのが良いかなと思います。

体は人それぞれなので、反応も違うはず。

なので無理のない範囲で試すしかないですね。

有害物質の影響など色々ありますが、
どんなに摂取しても、元気な人はなぜか元気ですよね(笑)

タバコ吸って、酒飲んでも元気な人もいれば
わたしのように、タバコも吸わず、酒も飲まないのに
体調を崩しやすい人もいるわけなので人それぞれ。

無理のない範囲で試しながら

自分にあった、断食をしましょう

というのがわたしなりの解釈でした。

 

体よりもお財布に優しい健康法!断食!!

さっそく、久々に断食をしたくなりました!(笑)


いや、辛いんですよね。

先ほど、書いたみたいに頭痛も激しいですし。

でも、やっぱそれを越えた後とその後の生活がとても心地よいわけです。
その状態にもっていきたいなと。

そして、何より断食の最大のメリットがあります!

それは!!

お金がかからない!!

これです。
食費がかからず、且つ健康になるという素晴らしい手法。
しかも、断食後もしばらくは食欲が落ちるのも嬉しいところ。

お金のかかる健康法続きませんからね。

これ大事です。


今回も読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました