調査兵団へ入りたくなる高揚感!〜「心臓を捧げよ!」Linked Horizon〜

楽曲解析
Linked Horizon – 心臓を捧げよ! (Shinzou wo Sasageyo!) LIVE

楽曲について

テレビアニメ『進撃の巨人 seasonⅡ』のOP。
アルバム「進撃の軌跡」の収録曲。
従来のアニメソングとは異なり、
オーケストラを多用し緊張感あるサウンドが
特徴でありつつ高揚感を誘う中毒性も兼ね備えた
今までに無いアニメソングと言えるでしょう。

※参考サイト
「心臓を捧げよ!」

イントロ

コード進行 Am
度数 Ⅵm

AメロのkeyがF♯mなので
いきなりノンダイアトニックコードが
イントロで出てきます。
ここはAm調という解釈が後の展開の予兆と
判断し相応しいかなと
思いますがいかがでしょうか?
Aメロでkey=F#mになるわけなので
このメジャーkeyがAですから、
同主調の平行調へ転調となります。
ここはややこしいですが、
要は
Amの同主調がAでありその平行調がF♯m
と理解すれば分かりやすいかなと思います。
そしてAメロの後半でこのイントロの
keyに転調が控えているのでそれを
予感させる伏線と言えるのではないでしょうか。

Aメロ

歌詞 「これ以上の地獄は〜」
コード進行F#m-D-Bm-A-G-C#sus4-C#
度数Ⅵm-Ⅳ-Ⅱm-Ⅰ-♭Ⅶ-Ⅲsus4-Ⅲ

小室進行のフェイクと言って良いような
始まり方ですが、A-G(Ⅰ-♭Ⅶ)がポイントで
トニックからノンダイアトニックコードへの
進行があります。
これはこういう形として良くあるパターンなので
セットに覚えておくと良いかもです。
♭Ⅶ自体は同主調からの借用コードなので
ありありなコードです。
そしてそこの流れに行くためにしっかり
Bm (Ⅱm)でツーファイブにしているのが
メリハリがあってかっこいいですね。
また、最後のC#sus4ですが
参考サイトだと単にC#ですが、
これはバックのストリングに響きからして
sus4なはずです。
そうじゃないとこの緊張感は出ませんので。
あと、Ⅲですがメジャーなのは
ハーモニックマイナースケールでのコードですね。

歌詞 「扉を叩く音は〜」
コード進行Am-F-Dm-C-A#-Esus4-E
度数VIm-Ⅳ-Ⅱm-Ⅰ-Ⅲ-♭Ⅶ-Ⅲsus4-Ⅲ

コード進行パターンとしては
序盤と同様です。
しかし、短3度上へ転調しています。
ちょっと唐突な転調にも思えますが、
序盤の♭ⅦがGなのでこれがピボッドコード
としての役割も果たしており、
無意識に転調後の響きを聴いている人の
耳に馴染ませている狙いがあります。
そして、ここでイントロのkeyに戻るわけなので
もう「進撃に巨人」ばりに見事な伏線回収です。

Bメロ

歌詞 「過ぎし日〜」
コード進行F#m-D-E-A-EonG#
    F#m-D-E-F#-F
度数Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ-ⅤonⅦ
  Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ-♭Ⅵ

ここは小室進行ですね。
そして、再びkey=F#mへ戻る形で
転調してます。
ここでもF (♭Ⅵ)
同主調の借用コード兼ピボッドコード
の役割を果たしているので
Bメロ内での唐突な転調への
伏線となってます。

歌詞 「あの日どんな顔で〜」
コード進行Am-F-G-C
    Am-F-E
    Am-F-ConE
    Am-GonB-C-AonC#
    Dm7-D#dim-E
度数Ⅵm-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ
  Ⅵm-Ⅳ-Ⅲ
  Ⅵm-Ⅳ-ⅠonⅢ
  VIm-ⅤonⅦ-Ⅰ-ⅥonⅠ#
  Ⅱm7-Ⅱ#dim-Ⅲ

コード進行は同じく小室進行ですが、
またまたkey=Amの短3度上へ
転調となってます。
Eは、Amのハーモニックまたはメロディックマイナースケール
のダイアトニックを持ってきてますね。
次のサビ頭がAmなのでドミナント→トニックの
流れになるので妥当な使い方です。

そこに繋ぐ
D#dim(Ⅱ#dim)
は全音となりのコードに繋げるためのアプローチ
としてとらえれば良いと思います。
結構、使いやすいアプローチなので頻繁に
出てきますね。

Cメロ(サビ)

歌詞 「捧げよ〜」
コード進行Am-G-C
     F-G-C
     Am-G-C-F-G-E
度数VIm-Ⅴ-Ⅰ
   Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ
   VIm-Ⅴ-Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ

先ほどの小室進行から変わって
VIm-Ⅴのトニック-ドミナントの進行に。
また、王道進行の序盤であるⅣ-Ⅴの合わせ技。
サビ頭からあた転調すると思いきやテンションを下げた
展開で聴いている側の期待を良い意味で裏切ってきます。

歌詞 「捧げよ〜」
コード進行Cm-A#-D#-G#-A#-D#
      Cm-A#onD-D#-G#
度数VIm-Ⅴ-Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ
    VIm-Ⅴon♭Ⅶ-Ⅰ-Ⅳ

コード進行はほぼそのままですが、
短3度下へ転調し高揚感を引き上げます。
今度は平行調の同主調へ転調となってますね。

おわりに

楽曲のアレンジからして複雑そうに思えますが、
コード進行は全体的にシンプルです。
ただ、転調とそれに繋がる伏線が仕掛けられており、
計算された曲の印象を受けました。
また、この曲の面白い点としてメジャーkeyとしての
展開がないことです。
ポップソングは一種のお決まりとして
A、B、Cメロでメジャーとマイナーのkeyを
織り交ぜるのが様式美になっておりこれでメリハリ
をつけるのが一般です。
しかし、この曲はずっとマイナー調
それを効果的に活用しているのが短3度への転調だったです。
短3度上または下への転調でメリハリを付けて
メジャーにしないこで独特の緊張感、
悲壮感をずっとキープしたまま
終始疾走している雰囲気を作り出しています。
もし、これにメジャー調が出てくると
いっきにポップな雰囲気となり
緊張感は薄れてしまいます。
今回の分析では割愛してますが、
後半の「嗚呼、選び悔いた~」で
初めてメジャー調の展開となり、
ここまでの雰囲気と一転してまるで
空から光が差してくるかのような
恍惚感があります。
と、まだまだ分析することが
たくさんありますが、
ちょっとキリがないので
今回はここら辺でおしまいとします。
※だいぶゴチャゴチャしてしまってすいません。。。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 音楽ブログ サウンドクリエイターへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました